教職特別課程

 

概要

大学を卒業もしくは大学院を修了した者が教員免許状を取得するために必要な「教科及び教科の指導法に関する科目」「教育の基礎的理解に関する科目」「道徳,総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導,教育相談等に関する科目」「教育実践に関する科目」を修得することを目的とした課程(一年間)です。
所定の科目(単位)を修得した者には、修了証書を授与します。
※教育職員免許法施行規則に基づく「教科及び教科の指導法に関する科目」「教育の基礎的理解に関する科目」「道徳,総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導,教育相談等に関する科目」「教育実践に関する科目」を1年間で26単位以上修得することが必要です。

 

特徴

  1. 教育実習は附属高校(大学の隣の敷地内)で行います
  2. 教職特別課程生の専用部屋があり、専用パソコンが常備されています
  3. 全国自治体の教員採用試験過去問題テキストが常時閲覧可、コピーもできます
  4. 教職DVD講座が学内で視聴できます
  5. 介護等体験も可能です(県内の特別支援学校、社会福祉施設)※中学校教諭免許状取得の場合

 

取得できる教育職員免許状

中学校教諭一種免許状・専修免許状

「社会」「数学」「理科」「技術」

高等学校教諭一種免許状・専修免許状

「公民」「数学」「理科」「情報※情報は一種免許状のみ 「工業」

(注)専修免許状取得については,文部科学省の課程認定を受けた大学専攻科、大学院修士課程または大学院博士前期課程において、必要な単位を修得している必要があります。

 

学期

春学期:4月1日~9月10日
秋学期:9月11日~翌年3月31日

 

募集要項

2019年度 教職特別課程入学試験要項
※出願前には、必ず事前相談(願書受付開始日の2週間前まで)が必要です。

「取得希望免許状(教科)に関する「学力に関する証明書」を準備の上、
電話(086-256-9703)またはメール(shienka@office.ous.ac.jp)でお問合せ下さい。

ページトップへ