統計検定

「統計検定」とは

統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験です。
データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決する能力は、仕事や研究をするための21世紀型スキルとして国際社会で広く認められています。
日本統計学会は、中高生・大学生・職業人を対象に、各レベルに応じて体系的に国際通用性のある統計活用能力評価システムを研究開発し、統計検定として資格認定します。

詳しくはJINSE版「統計検定」受験案内 を確認してください。

 

JINSE版統計検定-申込から合格まで

2018年11月試験用(2018/09/11版)

申込期間

2018年9月11日(火)~10月4日(木)9:00~17:00

申込手順

  1. 窓口(教育企画課(C1号館6階))で、申込用紙に必要事項を記入します。
  2. 証明書自動発行機へ行き、検定種別を選び、入金します。
    ※ 現在、証明書自動発行機で手続きができるのは、準1級、2級、3級です(11月試験では準1級は実施されません)。他の級の試験が実施される場合で、それらを受験したい場合は、窓口に相談してください。
    ※ 4級の受験は推奨していません。
  3. 出力書類を持って、あらためて窓口に戻ります。
  4. 出力書類を提出するとともに、受験票の受け取り方や試験日までのスケジュール等を聞きます。

受験まで

受験票の受領:受験票が11月上旬に大学に届きます。
2018年11月13日(火)~16日(金)
に,学生証を持参の上,教育企画課まで取りに来てください。
試験準備:合格をめざして,しっかり準備を行ってください。

受験当日

試験日:2018年11月25日(日) 当日は,大学祭があります。
会場:D1号館2階 D0121教室
集合時刻:試験開始時刻は次の通りですが,集合はそれより早くなっています。受験票の指示にしたがってください。
午前の部は10:30開始,午後の部は13:30開始です。

試験当日持参するもの:

  • 受験票
  • 学生証(本学の学生であることを確認します。忘れないように。)
  • 筆記用具(HB又はBの鉛筆・シャープペンシル、消しゴム)
  • 時計
  • 電卓
    <持ち込み可の電卓>
    四則演算(+-×÷)や百分率(%)、平方根(√)の計算ができる一般電卓又は事務用電卓
    <持ち込み不可の電卓>
    上記の電卓を超える計算機能を持つ関数電卓やプログラム電卓、電卓機能を持つ携帯端末

受験後

Web合格発表:試験当日にWeb合格発表を希望する旨,答案用紙に記入した場合,試験日の約1か月後に,統計検定Webページに合格者の受験番号が掲載されますので,合否を確認することができます。
試験結果通知書の受領:全員の合否通知が2018年1月中旬に届きます。
2019年1月21日(月)~25日(金)9:00~17:00
に,学生証を持参の上,教育企画課まで取りに来てください。

注意事項

  • 本学の学生用のページは,大学HPトップ > 在学生の方へ > お知らせ:「統計検定」受験案内
      にあります。変更などがあれば,ここに掲載します。
  • JINSE版統計検定学生向けページもしっかり読んでおいてください。上記,本学学生用のページはこのページを基に作成しています。ただし,次の点に注意してください。
  • 本学では「JINSE一般会場受験」はできず,「JINSE特設会場受験」として本学に会場を設けます。
  • 申込受付も,本学の場合は,【方法1】や【方法2】ではなく、資格取得支援課に出向いて申し込みとなります(これは今日終えました)。
  • 受験票や試験結果通知は受験者に直接送付されません。大学に一括して送付されます。
  • 統計検定のページで,試験内容等を確認しておきましょう。

わからないことや相談等は,教育企画課(C1号館6階)または JINSE版統計検定担当教員

   森 裕一 <mori@mgt.ous.ac.jp>
   黒田正博 <kuroda@mgt.ous.ac.jp>
   大田 靖 <yota@mgt.ous.ac.jp>
   (いずれも経営学部・経営学科,研究室はA1号館8階) に問い合わせてください。

 

関連リンク

ページトップへ